本文へ移動

スタッフブログ

山形の冬の味覚と言えば・・・(ながすずの里)

2022-01-26
山形の冬の味覚と言えば「どんがら汁」ですね!

庄内地域の郷土料理との事ですが、今では内陸の各家庭でも食されている冬の定番料理ではないでしょうか!
 
「小規模多機能型居宅介護ながすず」でも先日「どんがら汁」を作り、昼食に、ご利用者様に召し上がっていただきました。

「どんがら汁」を食べたご利用者様からは「小さい鍋より、大きい鍋で作った方が美味しい~」「白子も入って美味い」「体があったまる」と大変好評で沢山のご利用者様がお代わりをされてました。
 
「どんがら汁」食べて、お腹も心も「ぽっかぽか」。

身体の芯から温まって頂けたと思います。

【どんがら汁/寒鱈汁】
歴史・由来・関連行事(農林水産省ホームページより)
マダラは、日本海の荒波の中で産卵期を迎える魚であり、庄内地域の冬の味覚として親しまれている。「鱈」は魚偏に雪と書くことからもわかるように、雪が降る季節に旬を迎える魚。とくに庄内地域では、二十四節気の寒の季節(1月上旬から2月上旬ごろ)にとれるマダラを“寒ダラ”と呼び、この時期、産卵のために集まってきた寒ダラを底びき網で漁獲する寒鱈漁が盛んになる。新鮮なものは刺身や昆布じめにして食べるほか、味噌漬けや粕漬けも定番である。白子はトロリとした食感が特徴であり、近年では新鮮なものは、すしネタにも使われる。
「どんがら汁」は、寒ダラを使った冬の郷土料理。もともとは漁師が浜で食べていた漁師料理といわれている。寒ダラの頭から尻尾まですべて余すことなく使うのが特徴。“どんがら”は、あらを指す言葉。「どんがら汁」は、寒ダラのあらを煮るあら汁なのでこの名前がついた。「寒鱈汁」の別名もある。毎年1月には寒ダラを食べる「寒鱈まつり」が庄内地域の酒田市や鶴岡市を中心におこなわれ、「どんがら汁」が振る舞われる。


TOPへ戻る