本文へ移動

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

枝豆をいただきました。(ひいなの里)

2021-09-30
地域の方が毎週2回中庭のボランティアに来てくださっております。
先日、旧暦9月13日は豆名月でした。
中秋の名月に月見だんごとススキの穂を供えて月見の行事をするところが広くみられ、ボランティアの方が「これ飾ってください」と中庭からススキを取って持ってきてくださいました。
中庭の真ん中には休憩できるいすとテーブルがあり、利用者の方が車椅子でも通れるようにと通路を作って下さいました。
手入れをしてくださっている中庭のススキや花々を使って花を飾ったり、生花に使わせていただいており、利用者さんだけではなく、職員の癒しにもなっています。
この場をお借りしまして感謝申し上げます。
いつも綺麗にしていただきありがとうございます。

スリッパ飛ばし(ひいなの里)

2021-09-21
デイサービスセンターひいなでは、スリッパ飛ばし大会を行いました。
「スリッパ飛ばしをします」と職員が説明すると皆様、「スリッパ飛ばしか!」と驚く様子もなく参加されています。なぜなら、スリッパと言えば、スリッパの生産量日本一は山形県河北町なのです!毎年、河北町ではスリッパ飛ばし大会が行われています、、しかし近年はコロナウイルスの影響で中止が続いています。
参加された方は、始め「タイミングむずかしいな」となかなか飛ばせずにいましたが、回数を重ねると「えーい」と掛け声とともに足を大きく振り上げて距離を伸ばしていました。最高記録は、女性利用者様の7m40cmでした☆  ※職員よりも飛びました。

わかくさ通り敬老会(みずほの里)

2021-09-22
みずほの里では9月15日、敬老の日より一足早く敬老会を開催しました。

わかくさ通り(ショートステイ)では、107歳、105歳のご長寿の方と今年賀寿を迎えられた方々にお祝いの品を、当日ご利用されていた方には記念品が贈呈されました。

お祝いの紅白饅頭もあり、みんなで食べながら、この日を元気に迎えられたことを喜び合われていました。
職員による三味線や太鼓の演奏・ソーラン節などの披露があり、皆さん拍手でリズムを取りながら、とても楽しまれていました。

これからも、毎朝の日課になっている〝わかがえり体操〟を続けながら、いつまでも笑顔でお過ごし下さい!!

わかくさ通り(ショートステイ)夏の思い出 (みずほの里)

2021-09-23
朝晩の冷え込みが増し、秋の訪れを実感するようになりました。そんな中でも、太陽の日差しを浴び残暑を感じると、夏を名残惜しく思います。わかくさ通り(長期入所4名、短期入所定員20名)では、レクリエーションで「夏と言えば!?」の連想ゲームをし、夏をイメージする行事や食べ物などを出し合いながら、みずほの里での夏の思い出を振り返りました。
みずほの里夏祭り、かき氷、スイカ、ぶどう(デラウェア)、七夕 などなど。この夏もコロナ禍ではありましたが、利用者様のたくさんの笑顔を見ることができ、素敵な思い出になりました!!七夕の願いの一番には「コロナの終息!」が挙げられていました。来年こそは、マスクを外し、ワイワイおしゃべりしながら楽しみたいですね!!
 

夏も終わりに近づき・・・ (ひいなの里)

2021-09-22
長期入所なのはなユニットでは、6月に朝顔を植え、グリーンカーテンをしていました。
青々としていた葉や鮮やかな花は、9月に入ると段々色褪せ花より種が多く見られてきました。
水かけをしていると、種が地面に落ちているのを発見!
早速入居者様と種を取り出してみました。
「こだいたんとあれば来年もんまぐ花咲くべな~。」と、種と皮を綺麗に分別しながらおっしゃっていました。
朝顔の蔓は、乾燥させてリース作りをする予定です。

TOPへ戻る