本文へ移動

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

今年も手縫いのタオルをありがとうございます(ひいなの里)

2015-11-23
 
11月18日(水)、昨年に引き続きNTT寒河江OB会ボランティアグループ「愛のはと」(安孫子洋子代表)様より、タオル100枚をいただきました。
毎年ご利用者様のお体を拭かせていただくタオルとして、大切に使わせていただいております。「固くならないように」と手縫いで作ってくださったものです。ありがとうございます。

平成27年度上山市福祉大会 福祉功労省 受賞 (絵手紙教室 伊藤裕子様)

2015-11-20
11月15日三友エンジニア体育文化センターに於いて上山市福祉大会が開催され、市内の福祉関係者が多数参加される中、みずほの里ボランティア「伊藤裕子様」が福祉功労賞を受賞しました。
 
 
本日も施設での絵手紙教室を開催し、絵手紙を通して入居者様との交流を深めています。
 

県立河北病院を応援しています(ひいなの里)

2015-11-13

 
11月10日(火)、県立河北病院から多田院長様とスタッフの皆様が来所され、地域連携についてひいなの里・原田先生(嘱託医)、職員と話し合いが行われました。その後、救急外来受診時の情報提供書式の作成など、具体的な活動に発展しています。
 
ひいなの里は「県立河北病院を支援する会」(10月5日発足)の応援構成団体です。

認知症サポーター養成講座(みずほの里)

2015-11-11
11月5日・9日に上山市立南中学校と上山市立宮川中学校に出張し、「認知症サポーター養成講座」を実施しました。
職員は、物忘れが多くなる高齢者に「良い接し方」「悪い接し方」を例にして、寸劇を披露しました。不慣れなセリフと演技に悪戦苦闘しながらも練習を重ね、いざ本番のステージへ!生徒さん達の注目を浴びるとやっぱり緊張しますね。ヒヤヒヤの舞台でしたが生徒さんと先生にも檀上でご協力をいただき無事に終了しました。
今回の講座で認知症を少しでも知ってもらい、高齢者への接し方に関心を持ってもらうきっかけになればと思います。受講後に認知症サポーターの証しであるオレンジリングが一人ひとりに手渡されました。
急な役割にも快くご協力いただいた生徒さん・先生方、参加してくださった生徒の皆さん本当にありがとうございました。

素晴らしい菊を飾っていただきました(ひいなの里)

2015-10-30
10月下旬~11月にかけてひいなの里の正面玄関は素晴らしい菊の香りでいっぱいになりました。
 
佐藤友雄様と有志のボランティアの皆様が毎年届けてくださっています。今年もありがとうございました。
0
0
7
8
0
0
8
TOPへ戻る