本文へ移動

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

秋を探しに、、、お散歩(ひいなの里)

2020-10-12
地域密着型特別養護老人ホームひいなの里 
 
 お天気が良かったので、お隣の健康の森までお散歩に出かけました。
 
 トンボが飛んで、コスモスや食用菊が咲いていて、秋が感じられました。
 
 帰りに、ひいなの里の柿の木に柿がなっているのを見つけたので、もう少し大きくなったら収穫して、皆様と渋抜きをしたいと思います。

 

美味しい枝豆で、ぬた作り(ひいなの里)

2020-10-09
地域密着型特別養護老人ホームひいなの里 ~ときわ東通り~
 
 先日頂いた枝豆を茹でて、入居者様と『ぬた』作りをしました。

 『ぬた』とは、お隣宮城県では『ずんだ』と呼ばれますが、茹でた枝豆を一粒一粒さやから出して、すり鉢で潰してお砂糖を混ぜて滑らかに仕上げた食べ物です。お餅や団子につけたり、蒸したナスや夕顔と和えて食べます。

 実は、枝豆を潰すには、豆の一粒一粒を包む薄皮を取り除かなければならず、とても手間がかかるお料理です。 

 本日は職員と入居者様と協力して、仕上げました。

 入居者様からは「あまごくて上手いな」とのお言葉を頂けましたが、職員は、機械の無い昔は枝豆を植えて、収穫して、枝から外して、茹でて、さやから出して、薄皮を剥いて、すり鉢で潰して、今よりももっと手間がかかっていたのだろうなと感心させられました。

 昔を思い出して頂いたり、匂いを感じられる活動を今後もしていきたいと思います。

 

お月見の貼り絵(ひいなの里)

2020-10-06
10月1日「中秋の名月」満月のお月様が河北町では見えました。
 
認知症対応型デイサービス(ゆとり)ではお月見の貼り絵を行いました。
 
完成すると「いいねぇ~」「お月見だ!」との声が飛び交い笑顔多く見られています。

お月見(ながすずの里)

2020-10-06
10月になり秋深まる季節になりました。ながすずの里小規模多機能では、毎月利用者の皆様で壁画づくり活動をしています。今回は秋の風物詩である中秋の名月(お月見)をテーマにしました。9月から作成をはじめ、1ヶ月かけて大きな壁画を完成させました!「良いねぇ、綺麗だねぇ。」と利用者の皆さんも喜ばれていました。完成した壁画と共に皆さんで記念撮影をしました!

採れたて新鮮な枝豆をいただきました。(ひいなの里)

2020-10-06
地域密着型特別養護老人ホームひいなの里 ~ときわ西通り~

 

河北町都市整備課様より、健康の森で採れた枝豆を頂きました。

 

早速、枝からさやを外して頂く作業を入居者様にして頂きました。

 

なかなか力のいる作業でしたが、皆様で協力して沢山外して下さいました。

 

茹でて、ぬたにして食べて頂こうと思います。

 

河北町都市整備課様、ありがとうございました。

 

0
0
7
6
1
6
3
TOPへ戻る