スタッフブログ

 
フォーム
 
新年折り紙作品~その2~(みずほの里)
2020-01-16
当法人、三沢邦昭理事長の奥様の作品の紹介です。新年を祝う豪華な折り鶴です。ふっくらとした羽で一味ちがった折り鶴になっています。
 
新年折り紙作品~その1~(みずほの里)
2020-01-16
当法人、三沢邦昭理事長の奥様の作品の紹介です。干支にちなんだ可愛らしいネズミの折り紙です。折り紙の柄もよい味を出しています。
 
山形の郷土料理~納豆汁~(ひいなの里)
2020-01-16
山形の郷土料理のひとつに納豆汁があります。
ショートステイひいなの里では、調理活動として利用者の方々と一緒に納豆汁を作りました。
とろみがあって普通のみそ汁よりも冷めにくく、タンパク質が豊富な納豆汁は雪国では昔から食べられていた郷土料理です。
具材は、豆腐・油揚げ・こんにゃく・山菜きのこ、欠かせないのが里芋の茎を干して作った芋がらです。コツは、納豆を入れてから沸騰させない事です。
昔は、大根を擂り粉木代わりにして納豆をすりつぶしていたとのことで、今回はその様子を再現して調理してみました。

寒い冬に、体の芯から温まりました。

 

【納豆汁のなりたち】

日本では、1月7日には無病息災を願って七草粥を食べる習慣がありますが、雪国では早春に芽吹く七草を揃えることができません。そこで山形県では、七草の代わりに塩蔵しておいたキノコや山菜を用いた納豆汁が食べられるようになりました。
タンパク質が豊富な納豆と、納豆にはない栄養素を含む具材を組み合わせた納豆汁は、冬の栄養分を補う雪国の生活の知恵が生み出した郷土の味です。

 

 
 
 
小正月行事、団子木飾り(ひいなの里)
2020-01-16
ひいなの里では、小正月行事である団子木飾りを毎年行っています。
 
今年も入居者の方々と一緒に飾りつけを行ない各ユニットに団子木を飾りました。
 
団子木を飾りながら初市に行った思い出や、昔は本物の団子をつけて飾っていたことなど昔を思い出しながら飾り付けされる入居者の方もおりました。
 
これからも地域の文化、風習を大切にしていきます。
 
団子木飾り」=豊作や家内安全、無病息災を祈り願う小正月行事
1月12日と13日に、谷地と寒河江で「火伏せ」の縁起がある団子木(水楢)市が開かれました。
団子木に団子を挿して座敷に飾り、秋の豊作並びに養蚕(繭)の豊作を祈願する行事です。団子木の根元には昆布(よろこんぶ)を巻き、それに「金」と書いた金着餅(財布餅)を下げます。又団子きのところどころに船煎餅・昔の銭・ふうせん・折鶴等を飾ります。又、ミゴに小さく区切った餅をくっつけた「まえ玉」(繭玉)を下げました。
 
 
 
新たな年の思いを込めて~書初め~(ひいなの里)
2020-01-16
ひいなの里長期入居(なのはな通り・ときわ西通り・ときわ東通り)では、元日に合同で書初めを行ないました。 
 
皆様より新たな年の思いを込めて、思い思いの言葉を書で表現していただきました。
 
今年も利用者様のニーズに沿ったサービスを提供させていただきます。
 
 
     お問い合わせ
 
 社会福祉法人みゆき福祉会【法人本部】  〒999-3211 山形県上山市牧野字清水21-1 TEL:023-674-3388  FAX:023-674-3383 
 
            
 特別養護老人ホームみずほの里             地域密着型特別養護老人ホームひいなの里            地域密着型特別養護老人ホームながすずの里
   〒999-3211 山形県上山市牧野字清水21-1        〒999-3511 山形県西村山郡河北町谷地字月山堂1217-5       〒999-3232 山形県上山市長清水2-5-19
    TEL:023-674-3388 FAX:023-674-3383            TEL:0237-71-1880 FAX:0237-71-1881                 TEL:023-666-7780 FAX:023-666-7038
 
 
 
<<社会福祉法人 みゆき福祉会>> 〒999-3211 山形県上山市牧野字清水21-1 TEL:023-674-3388 FAX:023-674-3383